美容室26

check!

1. 伝統的な袴スタイルの歴史

時を経て、大正時代後期には大学の卒業式での袴着用が始まり、昭和時代から今日では女性にとって卒業式を象徴する衣装として定着しています。 

  • Point 01

    1. 伝統的な袴スタイルの歴史

    卒業式と言えば、学生服の次に思い浮かべるのは伝統的な袴スタイルではないでしょうか。 袴、その起源を追えば、古代中国がそのルーツとされており日本に伝わった後、唐服の一部として受け入れられ、平安時代になると貴族の男性が日常的に着用するようになりました。 江戸時代には町人文化として発展し、子どもの節句の装いや武家の礼装など、様々なシーンで親しまれるように。 時を経て、大正時代後期には大学の卒業式での袴着用が始まり、昭和時代から今日では女性にとって卒業式を象徴する衣装として定着しています。

  • Point 02

    1.2 日本における袴の役割と重要性

    袴の起源は、古代中国の服飾文化に遡ります。 日本へと伝わった袴は、平安時代に平民から貴族までの男性が、朝廷での儀式や公的な場で着用するようになり、その後は武家階級の礼装として、また民間では男児の五月節句などの祝い事に用いられるようになりました。

    江戸時代には、町民にも広まり、様々な人々に愛される服装となりました。日本における袴の役割は、その形状や色彩からもわかる通り、非日常的な場での正装として位置付けられています。 袴は長いスカート部分が特徴で、立った状態では地面に着くほどです。 そのため、袴を着るということは、普段とは違う特別な日を迎えている、という表れとなります。 これが袴の重要性であり、ただ単に美しいだけでなく、その存在自体が日常と非日常を線引きし、節目を感じさせてくれるのです。

  • Point 03

    1.3 学生にとって袴の象徴的な意味

    学生にとって袴は卒業の象徴であり、

    新たなステージへの門出を告げる装いとなります。 特に大学の卒業式では、袴が主役となることが多く、女子学生にとっては一生に一度の思い出の装いとなります。 和装に身を包んだ自分を見つめることで、これまでの学生生活を振り返り、新たな人生の一歩を踏み出す準備を整える、そうした時間にもなります。

    それは、学生から社会人への成長を象徴し、これからの未来への期待と希望を込めた装いでもあるのです。


美容室26

check!

2. 女性の袴スタイル

  • Point 01

    2.1 色とパターンの選択

    まず、色選びから始めてみましょう。

    袴の色は、その人の個性を最も表現する要素の一つです。 淡い色合いの袴は、上品で清楚な印象を与え、ビビッドな色使いは元気で活発なイメージを表現します。 また、季節に合わせた色合いを選ぶのもおすすめです。 春の卒業式には、桜をイメージさせるピンクや、新緑を感じさせる緑が適しているでしょう。 次に、

    模様選びです。 伝統的な日本の模様は、美しい自然風景や幸運を象徴するものまで、多種多様です。 卒業式には、華やかな花模様や縁起が良いとされる扇などの模様が好まれます。


  • Point 02

    2.2 アクセサリーとの組み合わせ

    その次に注目すべきは、アクセサリーとの組み合わせです。 袴のコーディネートを一段と引き立てるためには、アクセサリー選びが重要となります。 耳飾りやネックレス、ブレスレットなどシンプルで洗練されたものを選んで、全体を統一感のあるものに仕上げましょう。 そして、足元は下駄や草履を選びますが、こちらも袴や帯、羽織との色合いを考慮することが大切です。

  • Point 03

    2.3 ヘアスタイルとメイクアップの提案

    最後に、ヘアスタイルとメイクアップの提案について触れてみましょう。

    袴に合わせたヘアスタイルは、全体の印象を左右します。 一般的に、着物姿にはアップスタイルが合いますが、その中でも程良く毛束を残したゆるふわな感じや、結び目に可愛らしいアクセサリーをつけたシックなスタイルなどが人気です。 メイク部分では、肌は自然な感じに仕上げ、目元や口元に色を足すと華やかさが増します。 しかし、過度な化粧は避け、自然体を基調とした、控えめながらも印象的なメイクアップを心掛けましょう。 これらすべてが揃ったとき、あなたの袴コーディネートが最高の完成を見せることでしょう。

美容室26

check!

3. 男性の袴スタイル




  • Point 01

    3.1 伝統的な袴と現代的な着こなし

    袴と言えば、目を引く豪華な刺繍などの袴が一般的で、モノトーンでまとめた白や紺色がよく見られます。 現代では、紋付羽織袴だけでなく、巾着や扇子をアクセサリーとして、独自のスタイルを表現する方も増えています。 デニムやカジュアルな布地を使用した袴も登場し、シーンに応じた選択が可能です。


  • Point 02

    3.2 色と素材の選択

    袴選びにおいて重要な素材選び。 シルクやポリエステルが主流であり、それぞれに特性があります。 一方、色の選択では、明るい色彩のものから落ち着いた色合いまで幅広く揃えます。 グレー、黒、紺といったダークな色合いは、男性らしさを引き立てます。 また、卒業式などのフォーマルな場ではモノトーンや地味な色合いが好まれます。

  • Point 03

    3.3 靴と帽子の組み合わせ

    ここで忘れてはならないのが、靴と帽子のコーディネート。 下駄が定番ですが、足元が見えにくい袴の特性を活かし、スニーカーやブーツとの相性も抜群です。 帽子に至っては、ウールのニット帽やカジュアルなキャップなど、自分らしいスタイルを表現することが可能です。 以上が男性の袴コーディネートのポイントです。 卒業式という門出の日、 伝統的な袴で華やかに彩ってみてはいかがでしょうか。


4. 袴の選び方と着付け方

関心を寄せていただき、誠にありがとうございます。 ここでは、みなさまの卒業の日をより特別なものにするために、袴の選び方と着付け方について詳しくご紹介いたします。

  • 4.1基本のサイズ


    まず、袴の選び方ですが、身体の型に合わせたものを選ぶことが一番のポイントです。 体型によっては、適切なサイズの袴を見つけるのが難しく思えるかもしれませんが、適切な袴の選び方を理解すれば問題ありません。 身長に応じて袴の丈を選ぶことが一般的で、短すぎたり長すぎたりしない適切な丈が印象的なスタイルを演出します。 また、ウエストサイズも考慮する必要があり、きつすぎない快適なウエストサイズを選びましょう。

    そして、全体的なデザインと色を考え、自身の個性やイメージを反映させつつ、卒業式のフォーマルな雰囲気にも合うものを選びます。

  • 4.2 基本的な袴の着付け方


    次に袴の着付け方についてです。 袴の着付けは難しいと感じるかもしれませんが、基本的なステップをおさえれば誰でもきちんと着ることが可能です。 まず、下半身に着物を重ねてから袴を履きます。 次に、袴用の帯を締めてフィットさせ、その上から袴の紐を二重にクロスさせて結びます。 そして、袴の裾を整えて仕上げます。 一連の動作には慎重さが求められますが、何度か試すうちに慣れてきます。 また、動作をスムーズに行うためには、練習が必要です。


  • 4.3 着付けに必要なアクセサリーと道具


    袴の着付けには、適切なアクセサリーと道具が必要となります。 袴用の帯や帯揚げは必須で、丁寧に着物を整えるための帯締めや帯留も必要です。 また、袴の裾を美しく保つためには、裾よけと呼ばれる専用の布も使われます。これらの道具は、袴の着付けを容易にし、着心地を良くし全体の姿を高めます。

    また、これらの道具の一部はお手持ちのもので代用可能で、コストパフォーマンスを重視する方にも適しています。 以上、卒業を彩る伝統的な袴の選び方と着付け法をご説明しました。 終わりに、

    みなさまが一生の思い出となる卒業式に、袴という日本の伝統文化を取り入れることで、より特別な一日にしていただけることを心から願っています。


5. 卒業式に向けた袴の準備と手入れ

卒業の季節と言えば、季節感溢れる和装の醍醐味の袴が主役となります。 大切な節目である卒業式に向け、袴の準備と手入れ、さらには当日のポイントについて、一緒に考えていきましょう。

  • 5.1 袴の購入またはレンタルのタイミング

    一般的な購入やレンタルのタイミングとしては、卒業式の約3か月前を目安に行いましょう。 このタイミングなら、きっとお気に入りのデザインが見つかるはずです。

    購入する場合、思い出の一部として大切に保管することが可能です。

    一方、レンタルを選択すれば、多様な種類から選ぶ楽しみがあり、また費用も抑えられます。 しかし、注意が必要なのは、一体何を優先するかについて自身の想いを確認しながら選択することです。


    1920タイル圧縮
  • 5.2 袴の保管と手入れの方法

    次に、購入した袴の保管と手入れの方法についてです。 ただし、レンタルした場合、お店にもよりますが、返却までの間も無事に保管を続けることが必要となります。 そのため、汗染み等の汚れがついた場合、速やかに清潔な布で優しく拭き取り、風通しの良い場所で自然干しすることがポイントです。 また、湿度や直射日光には注意が必要で、通気性の良い袋に入れ、湿度が低く直射日光の当たらないクローゼット等で保管すると良いでしょう。


    1920石圧縮
  • 5.3 卒業式当日の注意点

    いよいよ卒業式当日、袴を着る前には体調管理に気を付けましょう。 長時間の立ち振る舞いだけでなく、綺麗なポーズを取るためにも体調管理は重要です。 また、ご自身が着こなす袴の色やデザインに合わせた化粧やヘアスタイルを考えるのも大切なポイントです。 久しぶりに会う友人たちに自信を持って接し、美しい袴姿で心に残る卒業式にしましょう。 以上、卒業式に向けた袴の準備と手入れ、そして当日の注意点について解説しました。 卒業式は人生の大切な節目です。 袴を身に纏うことで、その節目を一層華やかに、そして格調高く彩ることができます。

    1920タイル圧縮
美容室26

check!

6. まとめ:卒業式を彩る袴スタイル

この記事の一環として、袴スタイルについて詳しくご紹介してきました。 独特の装束である袴は、日本の伝統的な美しさと気品を引き立て、卒業式における一大イベントを一層盛り上げます。 一生に一度の晴れ舞台、その門出を飾る袴のスタイルは、自分自身を表現する素晴らしい手段です。


  • Point 01

    6.1 袴スタイルの重要性

    袴スタイルは、自己の個性を反映すると共に、伝統の枠内で自己表現を行う手段となります。 袴の色合いや模様、着物との組み合わせ方などによって、自身の品性や繊細なセンスを周囲に発信することができます。 また、袴は長い歴史と固有の格式を持つため、その着用方法やコーディネートには一定のルールが存在します。 


  • Point 02

    6.2 本記事の内容の再確認

    この記事では、袴スタイルの基本的な要素から、様々なスタイル例、選び方のポイント、さらには卒業式の日の注意点まで詳細にわたって説明をしました。 袴の色や柄の選び方、帯や小物との組み合わせ方、卒業式当日の正しい着方と動き方などについても触れています。


  • Point 03

    6.3 最後のアドバイス

    最後に、袴選びの際には自身の体形や肌色、そして好みを基に選ぶことが重要です。 同時に卒業式という場の格式を遵守し、自身の成長や思い出を反映させる装いを心掛けましょう。 また、適切な着付けと動き方にも円滑に行うための下調べを怠らず、当日は袴を身に纏い、誇り高く卒業の喜びを噛みしめてください。 


本格的なお着物をご用意しております

Menu

伝統工芸である本格加賀友禅を筆頭に、街歩き用のレンタル着物、持ち込み着付け、花魁撮影など様々なコンテンツをご用意しております。目的に合わせてお好きなプランをお選びください。アニバーサリープランもございますので、結婚式や成人式などのイベントにもご利用いただけます。

​街歩き着物レンタル

​​加賀友禅

友禅訪問着(正絹)

¥20,000(税込)~

加賀友禅(訪問着・色/黒留袖)

¥50,000(税込)~

ヘアセット(訪問着・振袖・袴)

¥3,500(税込)~

希望される髪型のイメージを事前に教えてください

​本格花魁

本格花魁体験

¥17,800(税込)

※カメラマン別途¥12.000(税込)~

※カメラマン希望の方は3日前にはご連絡下さい。

持込着付け

浴衣

¥2,300(税込)~

小紋・紬

¥5,500(税込)~

訪問着・女子袴

¥8,800(税込)~

留袖・振袖

¥12,000(税込)~

ヘアセット(訪問着・振袖・袴)

¥3,500(税込)~

希望される髪型のイメージを事前に教えてください

体験

加賀友禅 彩色体験

¥3,300(税込)~

着物ハギレアート

¥2,200(税込)~

オプションメニュー ¥500(税込)

酸素BOX

30分 ¥1900(税込)~

お得な回数チケットあります。

着替え・多目的スペース

着替えスペース 30分  ¥550(税込)~

屋上スペース  30分  ¥550(税込)~

小会議室    60分  ¥1100(税込)~

大会議室    60分  ¥1300(税込)~



小会議室は2名~(貸し出し可能)

大会議室は5名~(貸し出し可能)

お気軽にお問い合わせください

お急ぎの場合は電話窓口まで、

お気軽にお問い合わせください。

営業時間 10:00~18:00

Access


KIMONO SALON CROSS

住所

〒920-0867

石川県金沢市長土塀1-16-13

SAISEIビル

Google MAPで確認する
電話番号

076-225-8305

076-225-8305

FAX番号 0800-222-1000
営業時間

10:00~18:00

定休日 不定休

北陸鉄道バス「長土塀」バス停、

金沢ふらっとバス(長町ルート)


金沢駅東口発、11番のりば北陸鉄道 82増泉・西金沢経由行きバスに乗り

「長土塀」バス停 下車すぐ


バス停・長土塀から35m(徒歩30秒)

    中橋から730m(徒歩10分)


最寄り駅・金沢駅東口から1.1キロ(徒歩15分)

     野町駅から1.6キロ(徒歩21分)


金沢市公共シェアサイクル『まちのり』

09番 長土塀青少年交流センターから金沢駅方面に徒歩3分


タクシー 金沢駅東口から約5分 

観光地からアクセス良好な立地で、お着物をレンタルして気軽に散策していただけます。また、お出かけに不要な荷物をお預りいたしますので、お気軽にお申し付けください。

屋根付きの無料駐車場をご用意しておりますので、雨の日にも安心してご利用いただけます。


お問い合わせ

Contact

ご入力の上、次へボタンをクリックしてください。

    関連記事

    Related